ビットコインとアルトコインっていったい何が違うの?

アナタの頭の中にも擦り込まれていませんか?イメージが?

 

仮想通貨はとにかく「ビットコイン」が有名!

 

仮想通貨=ビットコインって。

 

取引所も1番有名な「ビットコイン」のインパクトある名称を使っているので、どうしても脳裏に擦り込まれて、そういう発想になってしまうのです。

 

でも、「アルトコイン」ってのもなんか耳にするよな...

 

なんだアルトコインって?

ビットコインとは何が違うのか?

アルトコインにはどんな種類があるの?

ビットコインとアルトコインの違いとその種類

ビットコインとアルトコインの違いは非常にカンタン。

 

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と言うのです。

 

アルトコインの代表格と言えば、イーサリアム(ETH)、モネロ(XMR)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)などがありますが、全種類並べるとキリが無く、その数は1000種類以上存在し、今も増え続けています。

 

アルトコインはビットコイン以外のものを指すことは単純に理解して頂けたと思いますが、そのアルトコインには特徴があります。

アルトコインの特徴、ビットコインとの比較

アルトコインにもちゃんと特徴があります。

その主な特徴を3つ紹介します。

アルトコインは価格水準が低い

ビットコインは知名度が抜群。アルトコインとは雲泥の差があります。

 

アルトコインは価格水準が比較的低いので、逆に言えば、投資対象としては、お手頃で購入しやすいともいえます。

 

例えばネム(XEM)はアルトコインの中でも、今後伸びて行くであろう仮想通貨ですが、2018年1月末での価格は約100円。

 

1万円で買った場合、100XEMを手にすることが出来ます。

 

つまり、ネム(XEM)が110円に上昇すれば、1万1千円と価格も低いのでビットコインとは違い、相場の動きをを覗いた時も少しワクワク感、期待感も上がるので、仮想通貨取引初心者にはアルトコインは投資しやすく夢のある通貨と言えるのです。

 

⇒仮想通貨リップル(XRP)の今後の値動きと将来性は?

アルトコインの取引所の数が少ないが...

ビットコインとは違い、アルトコインを扱う取引所は少ないですが、最近は徐々に拡大されて行っています。

 

また取引数も断然少ない状況から、アルトコインを知り、購入者が徐々に増え始めて来ているので、将来への期待値も高くなっています。

 

 

少なかったアルトコインの取引所が増加傾向、つまり購入者が増えているということです。

 

購入者が増えると売買がアルトコイン相場も活況になって行くので、今後は、ビットコインだけではなくアルトコインにもあらゆる意味で将来への期待が高まることは間違いアリマセン。

アルトコインはビットコインの代わり?

アルトコインはビットコインの代わりという意味で作られたのも事実です。

 

ビットコインよりも、更に+αの機能を持ったアルトコインが殆どです。

例えばリップル(XRP)でしたら、独自の決済システム機能が特徴で低コスト化の実現で、日本のメガバンクも参入しているほどの超有望のアルトコインです。

先行知名度の高いビットコインよりも、機能が魅力なアルトコインはあります。

 

今後もそういうアルトコインがどんどん出てくるので、近未来に更なる金融革命が起きることは間違いないです。

 

アナタも絶対に乗り遅れないようにしましょう。

 

「億り人」にまで、ならなくても少しくらい贅沢が出来る暮らしをしましょう。
誰にだって、贅沢を得るチャンスが必ずありますから!

 

ビットコインとアルトコインどちらも取引を行うには最初に口座を開設が必要です。

 

今は、銀行印不要で、オンライン登録でカンタンに無料で口座開設が出来ます。

 

スグに取引を考えてなくても、いつでも取引をできる状況にしておきましょう。

 

そうすれば、上昇気配の時に、入金すればスグに取引が可能ですから。

⇒仮想通貨取引初心者が最初にやるべきことは口座開設