もう仮想通貨で億り人(おくりびと)には成れませんか?

これまた巷を賑わす仮想通貨取引だけで、比較的短期間の

1年程度で億の利益を手にした「億り人」

 

テレビや新聞でも、取り上げられ仮想通貨やビットコインと
いう言葉にコレまで以上に過敏になってしまう今日この頃…

 

本心としては、「そんなに儲かるの?稼げるの?やってみようかな…」

「でも、億り人ってほんの一握りでタダ運が良かっただけでしょ。」

「暴落するリスクを考えたら、購入するのはコワい。」

 

こんな感情を抱きますよね?

でもね、実際、「億り人」になれるチャンスは十分にあるんですよ。

まだ今も仮想通貨で億り人になるチャンスあり

例えば、ビットコインが1BTCが100万円とすれば、
100倍の1億円まで跳ね上がれば「億り人」ですね。

 

でも、今さら、ビットコインが100倍まで跳ね上がるかと言えば、
そんな気はしませんよね?

 

10倍は有り得たとしても100倍までは、さすがに簡単には、
跳ね上がるとは思えません。

 

そこで、目を付けるのが、草コインと言う「アルトコイン」たち。

 

アルトコインは、暗号通貨のことなのですが、それぞれの特徴があり、
例えば有名なXRP(リップル)は銀行の決済システムに役立ち、
手数料を低く抑えることに成功しました。

 

今後もその信頼性と需要はうなぎのぼりになると言われています。

では、そのXRP(リップル)の価格は現在、正直言って安く、
140円台をウロチョロしています。

 

1月初めには400円つけていたことを思えば、半ばにはその半値以下。
今は、スーパーの見切り品のような「セール価格中」かと私は思っています。

 

例えば、このXRP(リップル)を150円時点で150万円で購入したとすると、

1500円時点で10倍⇒1500万円
15000円時点で100倍⇒1億5000万円

 

ビットコインに比べるとまだ、XRP(リップル)の方が現実味が
ありそうな気がしませんか?

 

何もビットコインだけが仮想通貨取引対象ではないので、
その辺はジックリと自分で吟味して選択するようにしましょう。

 

必ず、アナタの思う通貨が見つかりますから。

仮想通貨取引はビットコイン以外も購入できる

先述した、XRP(リップル)は、私自身が保有しているとは言え一例です。

 

有力と言われている通貨は、他にもETH(イーサリアム)や
XEM(ネム)、LTC(ライトコイン)MONA(モナコイン)など…

 

全世界の仮想通貨は今や1000種類を超え、1500種類に及んでいます。

 

草コインと呼ばれるものがあるのですが、それらは、殆んどが1円以下で

過去の実例で言うと、Bitzennyという草コイン。

 

このBitzenyは2016年4月時点では、0.006円

それが2017年4月時点で26円

 

「なんだ(笑)たった26円(^^)」と笑っているアナタは計算無知!?

 

そのBitzenyを2016年4月に約5万円で購入していたら、
2017年4月に約4333倍で、2億1666万に化けたということです!

 

「億り人」は1億稼いだ人と言われますが、実際に税金で半分持って行かれ
たら、手元には5000万ですが、

 

このBitzenyの例で言えば、税引き後も「億り人」なんですよね。

 

つまり、アナタも秘かに少額で「億り人」を目論むなら、低価の草コインが
狙い目だということはハッキリと言っておきます。

 

チャンスは十分にあります。ただ、下がるリスクも勿論あります。

 

余裕資金で購入しておいて、「万が一爆上げしたらラッキー!」くらいの
スタンスでいるのが1番かと思います。(草コインに関しては。)

 

ひょっとしたら、宝くじの1億の当選を待つよりは、断然のスピードで
「億り人」になれるかも知れません。

 

その場合は、何度も言いますが、生活費の一部とかではなく、余裕資金で
定期貯金にでも預けたような感覚でいましょう。

 

何も巷を賑わせている、キーワード「ビットコイン」に乗っかる必要は
まったくアリマセン。自分の戦略でジックリと楽しみながら、知恵を絞り
仮想通貨取引をすればいいんですよ。

仮想通貨で億り人になる第一歩は口座開設から

仮想通貨取引で、ビットコイン、アルトコイン、草コインを購入しようと
思っていても、口座開設を済ませていないと思い立ってもスグには取引は
できません。

 

その為にも、仮想通貨取引所の口座開設だけは済ませておきましょう。

 

人って大抵、相場が動き、上がり出したら購入する傾向で、価格が上昇
し過ぎると、高値の鷲掴みを恐れて、どこで手を出して良いのかわからなく
なるので、そんなことにはならないように、早めに口座開設をしておきましょう。

 

ネットで無料で簡単に登録できます。登録後口座開設完了通知ハガキが届き、
はじめて取引できるので、口座開設手続き者が殺到するとドンドン遅れる
ことになり、最悪1ヶ月ほど掛かることも考えられるので早めがいいですよ。

 

「億り人」とまで言わなくても、2018年は春あたりからXRP(リップル)始め、大きく相場が動くことがあのAI(人口知能)でも予想されています。

 

⇒仮想通貨取引初心者が最初にやるべきことは口座開設