仮想通貨のブロックチェーンって何だ!?

仮想通貨取引と言えば、ビットコイン。と連想する初心者の方が
多いのも事実ですが、実は今や仮想通貨は1000種類以上あります。

 

これは、全世界での仮想通貨総数です。

 

仮想通貨には、他にも種類があることは、スグに理解できると思いますが、

アナタは「ブロックチェーン」についてご存じですか?

ブロックチェーンとはいったい何なのか?

 

何かの仕組みであることは大体想像がついているのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引にあたり、ブロックチェーンについては知っておく必要があります。

仮想通貨のブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは簡単に言えば、仮想通貨を円滑に取引する際に、非常に
重要な技術なのです。

 

ブロックとは、複数の取引データを1ブロックとし、複数のブロックを連なる
ように保存された状態のものが「ブロックチェーン」なのです。

 

このブロックチェーンは画期的な技術で、分散管理されるので、銀行のような
特定の管理機関は存在しません。

 

つまり、管理権限が1ヶ所に集中しないので、システム障害を受けにくく、
コストも低く抑えることができるので金融サービス運用の救世主なのです。

 

ブロックチェーンは先述のとおり、「分散」されているので、金融機関の
仲介がなく、ユーザー同士が管理し合う構造になっているのです。

 

それをP2P方式(ピアツーピア)と言います。耳にされたことがあるかと思います。

仮想通貨のブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの特徴は細分化すると幾つもありますが、一度に多くの
特徴やメリットをお話しても頭の中がゴチャゴチャになってしまうので、
今回は主な特徴を3つお伝えしたいと思います。

中央集権化を防げる

これまでの中央集権化での一元管理をしないことにより、システム障害が万が一起きた場合でも、分散型の場合、他で容易に復旧できるのが大きなメリットです。

 

また、利用者間でブロックチェーンを管理し合うシステムなので、特定の管理者の独裁的な操作がないのも大いにメリットと言えます。

 

データの改ざんができない

ブロックチェーンはデータの改ざんが実質不可能。ブロックチェーンは暗号化された上で分散して管理されている状態なので、容易に改ざん出来ません。

 

仮に意図的な改ざんが行われた場合、整合性が取れなくなるので容易にその不正改ざんは明らかになるのです。

 

海外に送金する際のコストが大幅に減る

特定の金融機関を仲介しないことによって、送金コストを大幅に減額することができます。

 

通常なら数百円~数千円かかる送金手数料が発生しますが、ブロックチェーン技術により、ユーザー間での送金が可能になので、最小限の送金手数料で済みます。

 

ブロックチェーンは活用され始めたところで、今後の課題も幾つか出てくると思われます。

 

処理速度がその課題の1つとも言われており、店舗等でのリアル決済がそれに当たります。

 

ですがブロックチェーンは革命的で画期的なシステムであることは間違いアリマセン。

 

ブロックチェーンが仮想通貨取引には欠かせないものだということは理解頂けたのではないでしょうか。

 

アナタの今後の仮想通貨取引を裏で支える技術なのです。

⇒仮想通貨取引の初心者は先ず口座開設から始めよう!

 

⇒30万がたった2ヶ月で1000万に!?(驚愕のバイブル)