仮想通貨ネム(XEM)の将来性は無し?もう上がらない?

仮想通貨ネム(XEM)も安全に購入出来る取引所のZaif(ザイフ)

ビットコイン、モナコインも取り扱っていますよ。

仮想通貨相場暴落で終わった?今後は?

仮想通貨取引所コインチェックのネム(XEM)の流出問題で一時期、仮想通貨自体がもうこの世から無くなるのではないか?とさえ思った方も

多くいたのではないでしょうか?

 

更に、

「もう、仮想通貨フィーバーは終わりかよ!?」

「何が将来の決済手段の主流になるだよ!」

「2020年東京オリンピックまでにドンドン価値を増す!」

 

そんな話も単なる夢物語や先行する噂に過ぎなかったのか...

と思ったりもしませんでしたか?

 

さて、コインチェックのネム(XEM)流出後、各仮想通貨コインの価値は下がりまくりました。

 

当初の半分以下にまで下がりました。

 

本当に下がりまくりました。

 

ですが!0にはなっていませんよね?

 

と言うことは、仮想通貨相場はまだ生きています!

今、今日も、仮想通貨相場は動いているんです。

 

今後も止まることなんてアリマセン!

 

そして、いよいよ仮想通貨相場が持ち直し始めました。

 

さて、そうなると、仮想通貨は今後どうなるのか?

 

コインチェック事件に巻き込まれた、ネム(XEM)の価格は持ち直すのか?もう将来性はない?上がらない?

 

⇒ビットコインは危ない?怪しい?もう終わり!?

ネム(XEM)の価格は持ち直す!

出川哲郎を広告塔に順調に取引者数を伸ばしていたコインチェックの管理の緩さ、甘さが原因でネム(XEM)が世界最大規模の約580億円相当の流出事件となり、コインチェックでネム(XEM)を購入していた方たちの肝を冷やしました。

ですが、あの堀江貴文(ホリエモン)もサラッと言っていましたよね。

「でも今回のコインチェック事件でネム(XEM)を知らない人がその存在を知ったので、ネム(XEM)は有名になりましたよね?」

 

これは、何を意味するのか?アナタも充分に察しが付くはずです。

 

そうです。ネム(XEM)はそのうち持ち直すどころか、価格上昇の可能性が高いと言うことです。

 

ただでさえ、ネム(XEM)は送金スピードが「カタパルト」というのが

実装されれば、現在世界最速のあのリップル(XRP)が秒速1500件と言われていますが、さらにその倍速での処理速度で秒速3000件が可能と言われています。

 

この「カタパルト」の実装がいよいよ2018年内に行われるのと、先般のコインチェック事件に巻き込まれ暴落を考えれば、今ネム(XEM)は余裕の買い時なのです。

 

今現在2018年2月18日、約55円です。

 

やはり、安いですね。

 

2018年1月19日は約135円でしたから...

 

そのうち、100円は簡単に超えるのは目に見えています。

勿論、投資には100%は無いですが、仮に「95%の可能性で上がる!」と言われてアナタは無視できますか?

 

アナタも95%の可能性にかけて見よう!と成りませんか?

アナタは5%の低い可能性を選びますか?

 

今回は、ネム(XEM)にスポットを当てて的を絞りましたが、今後、他の仮想通貨コインに付いても今後の将来性をピックアップして行きます。

 

ただ1つ言えることは、口座の開設さえしていない方は、早く口座開設は

済ませて置きましょう。波に乗り遅れると更に、購入のタイミング判断が

難しくなるので、無料で簡単に作れるので今このタイミングを期に。

 

⇒仮想通貨初心者が最初にやるべきことは口座開設